アルスクールとは

ArSchool設立の想いと目指すもの

テクノロジーの進化によって、生活は目まぐるしく変わっています。創造性溢れるプロダクトやサービスに出会う機会も増えました。
テクノロジーの根幹を支えるプログラミング言語も、学べば学ぶほど、その奥深さに驚かされ、ときに感動すら覚えることがあるのです。
「プログラミングの真の魅力を子どもたちに感じてほしい」そう考え、ArSchoolを設立しました。

ArSchoolでは、子どもたちに、

楽しみながら本物のプログラミング言語を学んでほしい
試行錯誤から「独」学する力をつけてほしい
テクノロジーへの理解を深め、感性を磨いてほしい

と心から願っています。

プログラミングを好きで好きでたまらなくなり、興味と好奇心をとどめることなく広げ、様々なテクノロジーを身につけ、いまだかつて誰も見たことのない世界を創り続けてくれること、それこそが私たちの最上の喜びです。

本物のプログラミング言語を使い、失敗を恐れず試行錯誤を繰り返せる学びの場で、子どもの成長のお手伝いができれば幸いです。

ArSchoolの由来

ArSchoolは、「アルスクール」と読みます。

「Ars」はラテン語のことばで、ArtとTechnique、つまり「アート」と「テクノロジー」の語源です。

その両方を学び、頭の中に「ある」アイディアを現実に「ある」ものとしてゆく学びが「ある」。

そんな学びの場としてゆきたいという理念がArSchoolには込められています。